Q.A  PIC32MZ評価ボード




Q.  評価ボードを購入しないでサンプルソフトを使用する場合 何か制約がありますか?
A.  ありません。 評価ボードを購入しないでご自分でハードを製作されてご使用になっても結構です。
 尚、サンプルソフトの中に評価ボードを購入しないと <解説>の閲覧 と プロジェクトファイルがダウンロードできないものがあります。 具体的にはサンプルソフトの一覧表の中で背景色が灰色()になっているサンプルソフトがこの対象となっています。 ( → URL)

 


 Q.  サンプルソフト(プロジェクトファイル)はどのフォルダにコピーしてつかうのですか?
 A.
① ハーモニーがインストールしてある"C:\microchip\harmony\v2_04\app"フォルダーに下に3階層(注)のサブフォルダーをつくります。
  フォルダー名は英数字のユーザーがわかりやすい分類名をつけます。 以下の例は_myWork、sample、Basicと命名した場合です

  "C:\microchip\harmony\v2_04\apps\_myWork\sample\Basic"

② サンプルのプロジェクトファイルをダウンロードして解凍します。 ここでは例として"SP I 制御によるフラッシュメモリ読み書き"から
  032 SPI Flash RW Dynamic_SPI.zipをダウンロードします。解凍すると以下のようなフォルダとなります。

  "032 SPI Flash RW Dynamic_SPI\032 SPI Flash RW Dynamic_SPI\firmware\……"


③ ②の青字部のフォルダを①のBasicフォルダの下位フォルダとします。

  "C:\microchip\harmony\v2_04\apps\_myWork\sample\Basic
                        \032 SPI Flash RW Dynamic_SPI\firmware\
……"



  (注)3階層を2階層や4階層など異なった階層にしてしまうとコンパイルできません。
     ★ 他の階層で使いたい場合 → URL
    但し、プロジェクトのファルダーパスによっては最初に以下の警告がでますが、Yes とすると使用できる場合もあるようです。 ただこの場合、プロジェクト内の相対パスを記述している2つのconfigurations.xmlのファイルはもとのままとなっています。



<参考>
 ダウンロード用のサンプルプロジェクトは下記階層のフォルダで作成されています。

 


Q. Harmonyのマイクロチップサンプルソフトを階層が異なるフォルダにコピーした場合、MHCを動作させ、また再コンパイルできる方法をおしえてください
A. "C:\microchip\harmony\v2_03b\apps\fs\sqi_fat"
 上記の
spi_fatというフォルダには、マイクロチップのサンプルプロジェクトファイルがあります。 このspi_fatフォルダを以下のように harmonyからみてことなる階層のフォルダにコピーするとパスが通らないことから、プロジェクトのMHCが動作しなくなってコンパイルもできなくなってしまします。
"C:\microchip\harmony\v2_03b\apps\Folder1\Folder2\Folder3\spi_fat"

この例ではharmonyフォルダからみてspi_fatフォルダは2階層深いフォルダにコピーされています。
 この場合の対応について説明します。対策として コピー先のフォルダーにある2つのconfigurations.xmlと云うテキストファイルを修正する必要があります。
1つはnbproject\configurations.xmlで もう1つはsystem_config\カテゴリー名\configuration.xmlのconfigurations.xmlファイルです。 パスの深さ(階層)変更に伴う変更箇所はこの2つのファイルを修正するだけです。

"C:\microchip\harmony\v2_03b\apps\Folder1\Folder2\Folder3\sqi_fat\firmware\sqi_fat.X\nbproject\configurations.xml"
 上記のconfigurations.xmlをテキストエディタで開きます。
   <itemPath>../../../../../framework/driver/tmr/drv_tmr.h</itemPath>のようにパスを指定している部分に於いて
  <itemPath>../../../../../../../framework/driver/tmr/drv_tmr.h</itemPath>のように../を2つ追加します。


②1行づつ変更すると大変なのでテキストエディタの置換機能をつかいます。 すべて置換したらファイルを保存します。


C:\microchip\harmony\v2_03b\apps\Folder1\Folder2\Folder3\sqi_fat\firmware\src\system_config\pic32mz_ef_sk\configuration.xml"
同様に上記のconfigurations.xmlをテキストエディタで開きます。 下記のようにパスを指定している部分を
 <HarmonyPath dnOrder="0" path="../../.."/>から
 <HarmonyPath dnOrder="0" path="../../../../.."/>に../を2個追加します。(1ヶ所))
また
 <Library dnOrder="0" value="../../../../../bin/framework/peripheral/PIC32MZ2048EFM144_peripherals.a"/>から
 <Library dnOrder="0" value="../../../../../../../bin/framework/peripheral/PIC32MZ2048EFM144_peripherals.a"/>に../を2個追加します。(1ヶ所)


④各1ヶ所なので置換機能を利用しなくても簡単に置換できます。 置換したらファイルを保存します。


 (注)どちらのconfigurations.xmlファイルも修正箇所が何か所になるかはプロジェクトのファイルの内容次第です。system_config下にあるconfigurations.xmlファイルも修正箇所が3ヶ所以上になることもあります。
 

 Q. INT043(INT070)のプロジェクトファイルを再コンパイルしてしてタッチ動作も含めさせ特に不具合もなく動作させることができました。 ところがINT035のプロジェクトファイルを再コンパイルして動作させようとしたところ グラフィック液晶に表示はするのですがタッチ動作ができなくなってしまいました。 何故でしょうか?  どのように対処すればよいのでしょうか? 
 A. タッチ用ドライバーファイルdrv_touch_generic.h と drv_touch_generic.cを INT043(INT070)のプロジェクト作成の過程でINT043(INT070)用に変更した為 INT035のプロジェクトを立ち上げた際にINT043(INT070)用のドライバーが読み込まれてしまっている為です。 タッチ用ドライバーファイルdrv_touch_generic.h と drv_touch_generic.cをINT035用に変更してください。 
<注意><重要> 
drv_touch_generic.h と drv_touch_generic.cの変更内容は プロジェクトファイルには保存されません。 MHCのdrv_touch_generic.h と drv_touch_generic.cを直接書き換えることになります。(注1)  したかって異なるdrv_touch_generic.h と drv_touch_generic.c が必要となる下記の場合にはその都度 drv_touch_generic.h と drv_touch_generic.cを使用する液晶用に変更する必要があります。
 ①前回使用したタッチパネル液晶とは異なるタッチパネル液晶を使用する場合
 ②PCを変更した場合(Harmonyが変わった場合)
 ③Harmonyを再インストールした場合
 ④Harmonyのバージョンを変えた場合

 
(注1)タッチ用ドライバーファイルをフルパスで書くと以下となります。
  "C:\microchip\harmony\v2_04\framework\driver\touch\generic\drv_touch_generic.h"
  "C:\microchip\harmony\v2_04\framework\driver\touch\generic\src\drv_touch_generic.c"
(注2)drv_gfx_generic.h、drv_gfx_generic.c、gfx_driver_def.cの場合は変更したファイル内容がプロジェクトファイルの中に保存されます。従ってdrv_touch_generic.h と drv_touch_generic.cのような手間は発生しません。 このタッチ用ドライバーファイルの手間は Harmony v2.04のバグではないかと思っています。
 <グラフィック用ドライバーファイルのフルパス表示例>
"C:\microchip\harmony\v2_04\apps\_WK\Hp204\gfx204\08 043 Demo
  \firmware\src\system_config\default\framework\gfx\driver\controller\generic\drv_gfx_generic.h"
"C:\microchip\harmony\v2_04\apps\_WK\Hp204\gfx204\08 043 Demo
  \firmware\src\system_config\default\framework\gfx\driver\controller\generic\drv_gfx_generic.c"
"C:\microchip\harmony\v2_04\apps\_WK\Hp204\gfx204\08 043 Demo
  \firmware\src\system_config\default\framework\gfx\hal\gfx_driver_def.c"








Q.  評価ボードの回路図は 納品時に付属しますか ?
A.   付属しません。 回路図は以下のURLの中からダウンロードしてください。 必要であればPDFファイルからハードコピーをとってください。 回路図のダウンロードは評価ボードを購入しない方でもできます。

http://www.ys-labo.com/Shop/PIC32MZ_EvaluationB_Assy/EB_sum.html

下記部分です。
■ 回路図

  ■ 評価ボード全体
    PIC32MZ評価ボード MZ100-A001 全体の回路図(→PDFファイル)です。


  ■ キバン単体
    ① マザーボード回路図(→PDFファイル)
       マザーボード単体の回路図です。

    ②汎用モジュール評価ボード回路図(→PDFファイル)
      汎用モジュール評価ボード単体の回路図です。


Q.   SDカードの読み書きができません。 考えられる原因にどのようなものがありますか?
A  書き込み速度が遅いSDカードでは読み書きができない場合があるようです。 経験では、Class⑩ではすべて読み下記ができています。